活動紹介


【高秘匿性ルータHSRの開発と販売】
弊社の「高秘匿性ルータ」(略称HSR)は一般財団法人日本情報経済社会推進協会(JIPDEC)等の協力を得て、日本発の世界基準への夢をかけ、製品開発を進めている事業です。
特許を取得、旧七帝大への導入を皮切りに、大阪府や関西広域連合より新商品調達認定制度の認定も頂き、広がりはじめています。





【保護フィルム自動貼付機】(受託開発)
第一試作(機構開発)、第二試作(量産化)として試作開発を進め、2015年1月6日~9日、ラスベガスで開催される全米家電協会 (CEA)主催のコンシューマー・エレクトロニクス・ショー(CES)に出展。
その展示会では、見積依頼先が100社を超え、1社1500台というのもあり米キャリアや世界的企業までもが興味を示して頂き大好評をえました。
国内においても、キャリアからスマホ・タブレットも対応可能な保護フィルム自動貼付機として、全店展開に向け具体的な商談が進行中で、国内外で大きな売上が期待できます。

【第一試作機】




【情報キオスク端末】
私たちは街角の公衆電話に替わる便利なツールとして、
誰もが いつでも利用可能なインターネットツールとしてKIOSK端末が身近に拡大するビジョンを思い描いています。



【飲食店向け券売機】
弊社が日常サポートしている自動車用品店同様、ホームセンター、薬局チェーン、家電量販、飲食店をはじめ、多くのチェーン店向けの店頭ツールが、そうしたサービスのインフラとして利用可能なシステムとなるような企画を実現したく考えています。
そのビジョンを根底に、商品検索、商品説明、注文・予約受付、売り場案内などマーケティングツールから店舗用機械制御コントローラとしての利用まで、KIOSK端末システムの企画販売並びにカスタマイズ開発を行っています。